天蚕センターのご紹介

  • home
  • 館内のご案内

ようこそ安曇野市天蚕センターへ

安曇野市天蚕センターは、昭和53年(1978)に、旧穂高町(現安曇野市)により、天蚕飼育の復活及び飼育、繰糸、機織り技術を後継者へ伝承するための拠点として建設された施設で、国内では珍しい天蚕資料館です。 当施設では、天蚕の歴史や生態を大変わかりやすく紹介しており、隣接されている安曇野天蚕工房では、手機織りの実演がご覧になれます。また、敷地内に見学者用飼育ハウスもあり、天蚕の一生が見学できます。

館内のご案内

天蚕センター展示棟

天蚕センター展示棟では、天蚕の歴史や生態を、ビデオ上映(約15分)と古くから受け継がれてきた器具や資料により、わかりやすく紹介しています。また、天蚕糸で織られた着物も展示しており、繊維のダイヤモンドと評される天蚕の魅力を是非ご覧ください。

安曇野天蚕工房

隣接する安曇野天蚕工房では、天蚕糸を使った手機織りを見学することができます。 工房内では懐かしい機織りの音が響きます。

ショップ

工房で織られた生地で作った小物類やストール、天蚕の繭を使った商品等を販売しています。ここでしか買えないものばかり。お土産にもぴったりのお手頃品から最高級の品まで、オリジナル商品が充実しています。

見学用飼育ハウス

天蚕センター入口にある見学者用飼育ハウス。飼育期間中(5月下旬~8月中旬頃)は、卵~幼虫~成虫(蛾)までの天蚕の一生が見学できます。